プラグイン

初心者でも簡単にワードプレスをバックアップできるプラグインを紹介

「せっかくたくさんの記事を投稿していたのにデータが消えてしまった…」

「ハッキングされてワードプレスの中身が荒らされた!」

ワードプレスは全世界で最も利用されているブログ作成ツールです。

誰でも自由に使えるという反面、データの管理は全て自己責任になるのでバックアップはサイト管理者が確実に実行する必要もあります。

レンタルサーバーを運営している会社によっては自動バックアップを行ってくれるサービスを実施している所もありますが、大抵の場合は有料となっているので、できることであれば自分で管理できるのが理想的です。

とは言ってもワードプレスをバックアップするのには、FTPソフトを使ってパソコンに保存するやり方だけでも初心者には結構難しいので、覚えるだけでも大変だと思います。

なのでバックアップをするのに便利なプラグインについて紹介していこうと思います。

アイナ
データのバックアップをしておけばサーバー側でトラブルが発生しても元に戻すことができるので、絶対に覚えておきたいですね。

BackWPupは初心者が使うのにはおすすめできない理由

ワードプレスのバックアップができるプラグインで最も有名なのが『BackWPup』というプラグインです。

初心者にもおすすめできるプラグインと言われていますが、実際に使ってみるとバックアップこそ簡単ではあるんですが、復元するためにはFTPソフトも使わなくてはなりません。

有名ブロガーがこぞってBackWPupを推していましたが、実際に使ってみると思った以上に使いにくく、FTPソフトの使い方も同時に覚えていかなければならなかったので、使うのをやめてしまいました。

初心者にはBackWPupを使うには難易度が高いというのが実際に利用してみた感想です。
いくらバックアップが簡単だからと言っても復元するのが難しかったら意味ないですよね。

なのでBackWPupを使ったバックアップは初心者にはハードルが高いプラグインといってもいいかもしれません。

アイナ
バックアップの使い方を覚えるだけでも一苦労しそう…

ワードプレス初心者におすすめできるバックアッププラグイン『UpdraftPlus』

初心者向きでバックアップが簡単にできるものはないかな~と探していた所、結構良さげなプラグインを見つけました。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

バックアップと復元を1つのプラグインだけで完結することができるので初心者にこそ使ってもらいたいおすすめプラグインとも言えるでしょう。

UpdraftPlusのすごいところ

  • バックアップと復元を1つのプラグインで完結
  • スケジュールの設定で自動的にバックアップ
  • クラウドストレージに保存が可能
  • 無料で使うことができる
  • 復元も一瞬で呼び戻せる

何が凄いかって言うとバックアップと復元をこのプラグイン1つで完結できるんですよ!
多数のブロガーが推していた『BackWPup』はバックアップのみで復元まではできなかったのに

凄くないですか!?

他にも自動でバックアップもできるので、万が一バックアップをするのを忘れてしまっても、このプラグインで自動バックアップを設定しておくことで、バックアップし忘れを防止することができます。

これだけの機能がUpdraftPlusに備わっているので一度使ってみてください。
必要なければ削除すればいいので。

アイナ
何事もやってみることが肝心!

初心者向けUpdraftPlusプラグインの使い方をざっくりと説明

使い方はとても簡単です。
順を追って解説していきましょう。

step
1
プラグインをインストールし有効化

まずはじめにUpdraftPlusのプラグインをワードプレスにインストールしなければなりません。

ワードプレスのサイドメニューから【プラグイン】→【新規追加】を選択してください。
そうすると下の画面になりますので、検索窓に『UpdraftPlus』と入力し、赤枠で囲んであるプラグインをインストールします。

 

インストールが完了すると有効化にしましょう。

step
2
バックアップを開始

ワードプレスサイドメニューの設定にマウスを合わせると『UpdraftPlus Backups』という項目が表示されていますので選択してください。
表示されていない場合は有効化がされていないので、有効化にしておきましょう。

UpdraftPlus Backupsを選択すると以下の画面に切り替わります。
すぐにバックアップしたい場合は『今すぐバックアップ』をクリックすると即時にバックアップが開始されます。
保存先や自動バックアップを設定したい場合は『設定』タブを選択してください。
設定方法は後ほど紹介します。

『今すぐバックアップ』を選択するとバックアップ選択画面になります。
特に変更する部分はないので、このままバックアップしても問題ありません。

バックアップをするだけであればこれだけで完了です。
たったこれだけであなたのブログをバックアップすることができます。

step
3
保存先や自動バックアップを設定

設定タブを選択すると設定画面へと切り替わります。
ここではバックアップをするスケジュールの設定とバックアップの保存先の設定を行います。

ファイルのバックアップスケジュール

ファイルのバックアップをする頻度を選択します。

ここでいうファイルとはプラグイン・テーマ・メディアファイル(画像や動画)などのことを指しています。

バックアップファイルを保持する数を設定しておけば古いバックアップは自動的に削除されるようになっています。

ちなみに日付や時間の指定は有料版でないとできません。

データベースバックアップのスケジュール

記事全般を保存しているデータベースの事です。
記事を作成する頻度によってスケジュールを設定するといいでしょう。

上と同様に日付や時間の指定は有料版でないとできません。

保存先を選択

バックアップの保存先を選択します。

Googleドライブやドロップボックスなどのクラウドストレージに保存する場合は本人確認の認証をする必要があります。

僕の場合はGoogle Driveを指定しています。
他にもDropboxやMicrosoft OneDriveも保存先に指定できますよ。

ワードプレスを復元したい場合はどうするの?

復元をする場合はUpdraftPlus最初の画面でバックアップしてあったファイルを選択するだけで復元することができますよ。

バックアップ済みというところでバックアップしたファイルを選んで復元をクリック。

復元したいファイルを選択し復元をクリックすると復元が自動的に行われます。

UpdraftPlusの注意点

最後にUpdraftPlusを使う上で気をつけておくべき注意点を紹介します。

ウィジェットとAFFINGER5 管理はバックアップできない

完璧にバックアップができるようなイメージですが、「ウィジェット」と「AFFINGER5 管理」はバックアップできません。

AFFINGER5 管理はアフィンガー独自の機能なのでUpdraftPlusではバックアップができない仕様になっています。

ウィジェットも同様にUpdraftPlusではバックアップができないようです。
この2つをバックアップする場合は別のプラグインが必要になってきます。

保存先の容量が小さい場合は注意が必要

クラウドストレージに保存する場合は容量にも気をつけなければなりません。

特に画像や動画は容量が大きいので、無料で利用できる範囲だとどこかで容量が満杯になってしまうかも知れません。

Googleドライブだと無料でも15GBの保存領域がありますが、他のGoogleサービスと併用していますので、いずれは容量が一杯になってしまいます。

古いバックアップを定期的に削除するか容量を増やすなどして対処する必要が出てくるので利用する際には気にかけておいてください。

簡単にバックアップできるのが心強い

今回は初心者でも簡単にワードプレスをバックアップできるプラグインを紹介してきましたがいかがでしたか?

初心者のうちはバックアップをせずにブログを運営している方が非常に多いので、万が一に備えてバックアップだけは必ず行ってください。

いままで時間をかけて作成したブログがすべて白紙になってしまうと収益もなくなってしまうことを考えるだけでもゾッとしませんか?

そうならないように常に最悪の事態に備えておくことが大切です。

アイナ
多少手間でもバックアップは必ずやっておきましょう。

 

 

-プラグイン
-,

© 2020 アフィノート