パソコンライフ

あまり知られていないWindows10でスクリーンショットを撮る方法

windows 10の最新アップデート【Windows 10 October 2018 Update】にて新しい機能が追加されました。

個人的に注目している機能が『切り取り領域とスケッチ』で、従来から存在しているSnipping Toolが進化したソフトという名目で登場しているのですが、どう進化されているのかを今回検証してみようと思います。

アイナ
ブログで画像を使おうと思っている人は絶対に必要な方法ですよ。

windows10のscreenshots標準機能『Snipping Tool』が進化!?

今までPCの画面をキャプチャしたい場合は【Print Screen】でコピーしてペイントなどのソフトを使って編集することができました。

ただこの使い方だと画面全体をコピーしてしまうため、ペイントソフトで毎回トリミングをする必要があったので、手間がかかってしまうんですよね。

windows 10で標準装備しているスクリーンショットをキャプチャするためのソフトがSnipping Toolです。

このソフトはwindows vistaの頃から登場し、領域を自由に指定できたり開いているウインドウのみキャプチャといった使い方ができます。

パソコンを使った使い方を画像で解説するためにはこのような部分のみスクリーンショットしておくことで、あとでペイントソフトを立ち上げてトリミングをするといった手間が省けるので、サイト管理者に重宝していました。

アイナ
大変便利な機能なんですが、あまり知られてなかったんですよね。

Snipping Toolの後継機能「切り取り領域とスケッチ」

2018年10月のwindows10アップデートで新たにスクリーンショットをキャプチャすることができる純正ソフトが登場しました。

見出しにある切り取り領域とスケッチというソフトで基本的には今までのSnipping Toolと使い方は一緒なんですが、機能の追加をしてパワーアップしています。

切り取り領域とスケッチの新機能

  1. タッチ機能に対応
  2. キーボードショートカットキーが使える
  3. 定規と分度器が使用可能
  4. ペン色の種類が増加
  5. 蛍光ペンの色が増加
  6. ペン先の太さが選択可能
  7. 鉛筆書きが追加

切り取り領域とスケッチで消滅した機能

新機能になって消滅した機能もあります。

  1. 遅延機能
  2. ウインドウ領域の指定
  3. メール送信

結構頻繁に使用していた機能もあったので、消滅してしまったのは残念です。

今後アップデートで機能が復活してくれることを期待します。

Snipping Toolと切り取り領域とスケッチの違いとは?

最初から搭載されている【Snipping Tool】と【切り取り領域とスケッチ】ですが、全く同じわけではなく若干の違いが存在します。

  Snipping Tool 切り取り領域とスケッチ
テキスト入力 できない できない
手書き入力 できる できる
領域の指定 フリーハンド
四角ボックス
ウインドウ
全画面
フリーハンド
四角ボックス
全画面
遅延機能 できる できない
メール送信 できる できない

切り取り領域とスケッチは出始めたばかりのソフトなので、総合的に見てまだSnipping Toolの方が使いやすい印象でした。

テキスト入力ができないのはやはり残念な点です。
画像の中で説明をしたい場合、テキスト入力をすることができないので、手書き入力をしなければいけないので、マウスで文字入力をするとなると結構大変で、うまくかけずにやり直しをすることも多々あります。

疑問

タッチ機能に対応したモニターだと手書きのほうが使いやすいのですが、タッチ機能のモニターを持っている人ってどれくらいいるんでしょうか…

どうしてもテキスト入力をするのであれば、外部ソフトやペイントソフトを使うしか方法はありません。

あとは領域の指定でウインドウをスクリーンショットができないというのは大きいです。

無理して『切り取り領域とスケッチ』を使い必要はない

新しい機能が追加されたのは嬉しいのですが、windowsでは似たような機能が多数あり、どの機能を使うのがベストな方法なのかが非常にわかりにくいです。

ユーザーの好みで使用すればいいのですが、パソコン初心者だと使いやすい方を選ぶだけでも非常に手間だと思います。

なのでボク個人としてはSnipping Toolを使用することをオススメします。

今後、切り取り領域とスケッチの機能が向上してきて使いやすさが重要視してきたら乗り換えるかもしれません。

-パソコンライフ

Copyright© アフィノート , 2020 All Rights Reserved.