ブログ

ワードプレスで海外からの迷惑メールをブロックする超簡単な方法とは?

どうも。カエルブロガーのケロ蔵です。

あなたのブログ宛てに迷惑ールが来たことはありませんか?

問い合わせがあったからなんだろうとメーラーを開いてみたら、英語で書かれたメッセージにガッカリしたことは誰しもあると思います。

こういったメールって正直嬉しくないですよね?

ピョン太
英語はわからないし、どうせどこかのサイトに誘導する内容なのは分かりきってるしな。
アイナ
迷惑メールをブロックできたらいいのに・・・

実はごく簡単に海外からの迷惑メールをブロックできる方法があるんですよ。

今回は海外の迷惑メールを防ぐための方法について紹介します。

海外の迷惑メールは手当たり次第に送信!?

ブログをある程度運営して問い合わせフォームを設置すると、海外から送信されたメールが届くことがよくあります。

これがいわゆるスパム(迷惑メール)というものです。

アクセスの少ないブログでも平気で届くので、とにかく手当たり次第にやっているのでキリがありません。

実際に送信されたメール内容

どういった内容のものが届いたのかは以下を御覧ください。

題名: Look what we induce for you! satisfactoryoffers

メッセージ本文:
What we clothed here is , delightfullyoffers 
 To make eligible click on the interdependence couple below

ちなみに文章の最後に謎のURLリンクが貼っていました。

この記事を読んでいる読者が興味本位でクリックして、ウィルスなどに感染してしまったらまずいので消しています。

僕は英語が読めないので意味はよくわかりませんが、おそらく勧誘メールのたぐいでしょう。

このようにアクセスの大小に関係なく送りつけてくるので、正直迷惑です。

やり口がまるでピョン太みたいだよね。
ケロ蔵
ピョン太
こんな子どもじみた事はやらねーよ!

海外の迷惑メールをブロックするにはQ&A形式で対策が可能

実は海外からの迷惑メール対策は以外に簡単で、Q&A(クイズ形式)にするだけでスパムが一気に激減します。

ただ単にQ&Aにするのではなく、日本語(ひらがな、カタカナ)にするのがミソです。

海外から発信する人は日本語が分からないし、日本語に対応しているキーボードを持っていません。

なのでクイズ形式にしてしまえば海外からのスパムは無くなります。

Q&Aの内容で注意するべきこと

日本語だからといって何でもいいというわけではありません。

学生や社会人、高齢者でも分かる内容にするのがベターです。

他にも次のようなことにも気をつけておきましょう。

  • 答えの文字数は短く
  • 時事問題は避ける
  • 特定の世代にしか分からない
  • 答えが複数ある問題

あとは漢字の質問は避けておきましょう。

大抵の漢字には音読みと訓読みの2種類があって、正解が2つ存在することになってしまいます。

コンタクトフォームを使った迷惑メール対策の方法

それでは実際に設置してみましょう。
わかりやすく解説するために画像を用意しています。

画像をクリックすると拡大表示

コンタクトフォームのプラグインをインストール&有効化をまだしていなければ先にやっておいてください。

まずはじめにコンタクトフォームを開きます。

設置したい場所にカーソルを合わせて、フォーム画面に【クイズ】というタブがあるのでクリックします。
(画像赤枠の部分)

 

クリックするとポップアップが表示されるので、【クイズと回答】という項目に入力します。

改行をせずに入力してください。

クイズと回答の間にパイプ( | )を入れて仕切りを入れます。
パイプはBack Spaceキーの左にあり、半角にしてShift+|キーです。

 

クイズと回答を入力したら【タグを挿入】をクリックすれば完了です。

他の項目はデフォルトのままで問題ありません。

これで問い合わせフォームにQ&Aを設置することができました。

正常に動作をするか念の為確認してください。

単純だけど効果的な迷惑メール対策

この方法は海外からの問い合わせを全てシャットアウトできるやり方ではありません。

日本語を知っている外国人なら余裕で突破できますし、日本人が発信したスパムは防げません。

ただしスパムの大半は海外からであり、日本語表記のスパムは今のところないです。

海外の迷惑メールが頻繁にきて対策に悩んでいる方はこの方法を使ってみてはいかがでしょうか?

お金を掛けることなく、誰にでもすぐ始められるので、すぐにでも対策をしてみましょう。

他にも対策法はあったけれど、この方法が手っ取り早くできるので、慣れてきたら別の方法を使ってみてもいいかもしれませんね。
ケロ蔵

-ブログ

© 2020 アフィノート