パソコンライフ

ペイントソフトの決定版! フォトスケープの使い方 (初級編)

どうも。カエルブロガーのケロ蔵です。

ペイントソフトで悩んでいませんか?
アイキャッチや解説用の画像を編集する時って大変ですよね。

編集するために使用しているツールによって使いやすさや手軽さが変わってきます。
僕もそんなツールを求めて様々なものを試してきました。

そしてやって見つけることが出来た『フォトスケープ(Photo Scape)』というツールに巡り合ったということです。

そこで今回はフォトスケープというペイントソフトの導入方法と出来ることについて紹介していこうともいます。

アイナ
ツールは単純すぎず、難しすぎずのバランスが初心者には重要なんです!

フォトスケープをおすすめする理由とは?

 

初心者でも扱いやすい

ちまたではたくさんのペイントソフトが存在していますが、極端に簡単だったり難しかったりするんですよ。
そんな中でこのフォトスケープは使いこなすのはそれほど難しくはなく、かと言ってシンプル過ぎず、使いやすいんですよね。

頻繁に使う機能が盛りだくさん

フォトスケープではペイントソフトでよく使われている機能が備わっています。
とくに文字の装飾やサイズの変更だって思いのままに扱えるのがありがたいです。
文字の縁取りがあるのはありがたいですね。

画像反転やモザイク処理など、一般的に搭載されている機能も当然使えます。
他にも手書き入力や矢印を簡単に挿入することが出来るのも特徴です。

無料で利用できる

これだけの機能を有していながら、なんとすべて無料で利用ができるんです。
すごくないですか?

アイナ
こんなんで利益が出るんですか~?

ペイント以外にも様々な機能を有しているので、試しに使ってみてもいいかもしれません。

僕はあまり使っていないですけど。
ケロ蔵

フォトスケープの使い方

それでは実際にフォトスケープを使ってみましょう。

ダウンロードとインストール

まずはじめにフォトスケープをダウンロードしましょう。
以下のリンクからダウンロードが出来ます。

最上部に紛らわしい表記があります。
これはただの広告なので、間違えないようにしましょう。

次に保存先を指定します。
どこでもいいのですが、とりあえずデスクトップを選びましょう。
あとで削除をしやすくなるのでオススメです。

ツールのダウンロードが完了したら次にPCにインストールをしましょう。
インストールをしなくても使用することは出来ますが、使うたびにダウンロードをしなければなりません。

インストールを選択します。
保存先を指定したい場合にはオプションを選択し、インストール先を指定します。
これでフォトスケープが利用できるようになりました。

先ほどインストールしたフォトスケープを起動してください。
ホーム画面に切り替わりますので、真上にある画像編集を選択します。

画像の編集方法

それでは実際にフォトスケープを使ってみましょう。
初めて利用する方のために基本中の基本画像の合成する方法を解説します。

まずはじめに画像を2枚用意しましょう。
なんでもいいんですが、解説用のためにコチラの2枚の画像を使って紹介します。

背景に使う黒板

合成するキャラクター

黒板の画像を背景にしてキャラクターの画像を黒板の上に乗せるイメージです。

まずはじめに黒板を背景にします。
左側にあるメニューから黒板の画像を選択してください。

そうするとプレビュー画面で黒板の画像が表示されます。

次に下にあるカスタマイズメニューのオブジェクトタブを選択します。
すると画像選択画面が表示されますので、キャラクターを選択します。

選択するとメニューが表示されます。
とりあえずココではOKを選択してください。

するとプレビュー画面の黒板上にケロ蔵が表示されました。
このままだと大きすぎるので、外枠の過度に表示されている四角いマークを左クリックで押し続けてください。

マウスを動かすと画像が拡大・縮小されますので、任意のサイズに変更しましょう。

画像を保存

編集した画像を保存しましょう。
画面右下に『保存』という項目があるので選択します。
保存には3種類の項目があります。

保存

上書き保存と思っていただければいいです。

また編集前の画像をOriginalフォルダにバックアップもします。
バックアップが不要なら『上書き前にオリジナルフォルダにバックアップする』のチェックを外しましょう。

指定フォルダを保存

指定したフォルダに保存します。

ファイル名は変更できないので、仮で保存したい時に使うといいでしょう。
個人的にはあまり使ってないです。

名前をつけて保存

新規保存と考えてください。

指定のフォルダに保存することが出来ます。
こちらはファイル名を自由に変えることが出来るので、新しく編集した画像はコチラを選ぶと言いでしょう。

もちろん上書き保存もすることが出来ます。

フォトスケープ実際に使ってみた評価

僕が実際に使ってみて良かった点と悪かった点について述べていきます。

ココがイイ!

初心者に使いやすい

なんと言っても画像編集が初心者の方でも使いやすいというのが一番の利点ですね。
本格的なペイントソフトは機能を使いこなすだけでもたくさんの使い方を覚えなくてななりません。

このツールは必要最低限の機能であるにもかかわらず、比較的よく使われる機能が多数搭載されているんです。

本格的にやるほどではないけれど、ある程度の編集をしてみたい!と言った場合にこのツールの恩恵がありますよ。

起動が早い

機能が多いということはそれだけソフトの起動にも時間がかかります。
とくに比較的有名なペイントソフトのGINP2は準備をするだけでも1分近くかかるんです。
これだと編集するだけでも手間なんですよ。

アイナ
起動が早くて機能が多いペイントソフトです!

ココがダメ…

後から編集がしにくい

後から編集し直したいと言ったことが出てくると思います。
残念ながら編集した画像を保存しても後から配置の変更や削除などは出来ないようです。

いろんなサイトを見てもそのような機能がないようなので、レイヤーごとに保存したい場合は、GINP2などのツールを使ったほうがいいでしょう。

使いこなすのは難しいですが…(-_-;)

縦書きが左から右へと表示される

海外のソフトだからなのかなぜか縦書きにすると表示がおかしくなります。
日本人にはあまり馴染みのない表記なので、縦書き用に入力する必要が出てきます。

普段から縦書きのメッセージを使うのであれば、めんどくさいかもしれませんね。
一部不満のある部分もありますが、それでも初心者には使いやすくなっています。

とりあえずフォトスケープを使ってみて!

今回は初心者でも使いやすいペイントソフト『フォトスケープ』について紹介してきました。
基本的な機能はすべて押さえているので、初心者でも手軽に使いこなすことが出来るようになりますよ。

Windowsの標準機能である『ペイント』はシンプルすぎて、編集するのに手間がかかります。

フォトスケープを使えば、文字の装飾や画像の合成などやりたいことが出来るようになるので、まだ使ったことのない人はこの機会に使ってみてはいかがでしょうか?

アイナ
このブログのアイキャッチ画像もこのツールを使ってるんですよ~

まとめ

フォトスケープで出来ること

  • 文字の装飾
  • 画像の編集
  • トリミングやリサイズ
  • 矢印やマーク
  • モザイク処理

-パソコンライフ
-, ,

Copyright© アフィノート , 2020 All Rights Reserved.