ブログ運営

暴言が怖くてブログができない!? 諦めないための続け方

ブログを運営していると多かれ少なかれ暴言を受けてしまうことがあると思います。

メンタルが弱い人だと、たった一言の暴言でブログをやめてしまう人だっていたりするんです。

今回は暴言を受けても立ち直れるための考え方について書いていこうと思います。

ぼうげん【暴言】 他人を傷つけるような乱暴な言葉。

ブログをやる上で暴言を完全に防ぐことは不可能

楽しくブログをやるのであれば暴言は受けたくありません。

それはどんな人だって考えは一緒で、できる事なら避けたい所です。

 

インターネットでブログを公開するということは、世界中の人達から見られるということで、公の場に晒している以上、心無い人からの暴言は少なからず可能性があります。

 

  • コメント機能
  • SNS
  • 問い合わせ

 

これらをすべて閉鎖すれば問題は解決しますが、根本的な解決にはなっていません。

コメント機能はブログに訪れる読者とのコミュニティーを遮断するし、SNSはブログに訪れる入口を減らすだけです。

問い合わせはブログで紹介している記事を読んで、興味を持ったクライアントからの連絡手段をシャットアウトしてビジネスチャンスを逃します。

 

このようにどこの誰だかわからない暴言のために自身のブログの価値(コメントや問い合わせの閉鎖)を落とすことだけは絶対にやめてください。

そんなことをしたら相手の思うつぼです。

そうやって相手をネガティブな思考にさせて、影で笑っている陰険な人間の手のひらで踊らされることを相手は楽しんでいます。

 

 

暴言に屈さずブログを続けるためには?

暴言を受けてショックを受けるのは心が弱いという証拠です。

そうならないためにも暴言を受けても、耐えられるだけの心構えを持ち合わせていきましょう。

暴言に慣れること

暴言を受けてショックを受けるのは暴言に対する耐性がないのが原因です。

身の回りで暴言を受けたことがない人ほど、実際に言われるとヘコみます。

 

耐性がないのであれば、暴言を言われても気にしないぐらい慣らしておきましょう。

そうすることによって相手の暴言に対してあまり気にならなくなりますし、ギャーギャー騒いでいるだけの騒音にしか聞こえないくらい心が鍛えられます。

 

とはいえ、身近な人間に対して暴言を受けるようお願いするのも不自然です。

なので、インターネットに転がっている暴言動画などを見てみましょう。

 

慣れてきたら相手の暴言がバカにしか見えないくらいくだらないことがわかりますよ。

 

youtubeに結構投稿されているので、探してみてください。
ケロ蔵

 

一般常識を身につけること

暴言を真に受けてしまうのは、自身に一般常識が足りないケースです。

暴言を発している内容が必ずしも正論ではなく、大抵の場合は自己満足で発言している内容です。

この正論かそうでないかの判断ができないと、相手の言い分に飲まれてしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。

そうならないためにも何が正しいか間違っているかを知っておきましょう。

 

一般常識が身についていれば、相手の暴言が非常識であることも理解できるので、正論で言い返せることができますし、自己嫌悪に陥ることもありません。

なぜなら相手の言い分が間違っていることに気づけるからです。

 

家族や友人と会話をして一般常識を身につけるのもいいですし、インターネットでも膨大な情報量が飛び交っているので、興味のあるネタがあれば読んでみましょう。

普段から意識しようとせず、興味のあることをネットで検索するクセをつければ、自然と知識が増えていき、一般常識を身につけることができるようになりますよ。

 

スルースキルを身につける

相手の暴言が無茶苦茶なものだとしても、正論で言い返してもヒートアップしてくるだけです。

コチラが正論でも暴言を吐く様な相手ならまともに受け入れてくれません。

それなら最初から無視してしまいましょう。

 

無視をすると自分が負けたような感覚になってしまいますが、相手からしたら自分の言い分を無視されて苛ついています。

このような相手とまともに口論しても時間の無駄です。

相手の暴言を聞き流すだけのスルースキルを身に付けましょう。

 

暴言を恐れずブログに伝えたいことを書こう

ポジティブ

ブログは自分の知識や考え方を公の場に公開できるツールです。

インターネットの世界が出来上がるまでは、自身の主張をするためにはテレビやラジオなどの公共のものを使わなければならなかったので、非常に難しかったのです。

暴言を受けて言いたいことも言えなくなるのもわかりますが、ここで心が折れてしまったら発言したいことが世間一般に伝えることができません。

そうならないためにも暴言を吐かれてもくじけずに、折れない心を持ち続けましょう。

現実社会でも日常的に発生する

現実社会でも暴言は普通に起こります。

お客さんがお店に対して無茶振りをすることは当たり前です。

そんな事があるたびに逃げていたら、仕事なんてできません。

仕事である以上逃げることはできませんが、ブログの世界では無理して相手をすることはないんです。

面倒な相手をシャットアウトする方法はいくらでもありますし、無理をして付き合う必要は無いということです。

 

まとめ

最後に暴言に対するまとめを書いておきます。

  • インターネットの世界は匿名だから暴言は当たり前
  • 暴言は気にするだけ時間の無駄
  • 暴言に対する耐性を鍛えよう
  • 対応が面倒ならすべてスルー

暴言を受けて平気な人はいません。

感情的になったり、落ち込んでしまう人もいます。

 

一時的ならいいのですが、先まで引きずってしまうとブログ運営に支障が出てきてしまいます。

そうならないためにもネットの世界で暴言があるのは当然だという気持ちを持っておきましょう。

アイナ
匿名だからこそ、面と向かって言いにくいことでも平気で言えてしまうんですよね。

-ブログ運営

Copyright© アフィノート , 2019 All Rights Reserved.