パソコンライフ

アドセンス狩り対策を万全に行っておく方法

2018年11月17日

アフィリエイトを始める際にGoogleアドセンスのことを知って同時に利用してみようと考えている人は非常に多いです。

アドセンスには審査が必要なので、1発で審査に通った人もいれば何度受けても審査が通らずに苦労をしている人は大勢います。

そんな大変な思いをしてやっとアドセンスを利用できると思った矢先にペナルティーをくらってしまい広告が停止してしまうと言ったことも考えられます。

ネットを利用している人の中にはあなたが広告を掲載しているアドセンスに冷やかし目的で誤クリックを誘発する行為をしているアドセンス狩りがいることも確かです。

これからアドセンスを利用して収益をあげようと考えている方はこの機会にアドセンス狩り対策をしておくようにしておきましょう。

アイナ
アドセンスでペナルティーを受けてしまうと、今後の収益に大きく影響してしまうので、予備知識として知っておきましょう。

 

アドセンス狩りとは?

基本的にはアドセンスの広告に興味を持ってクリックすることで広告主のページへと誘導するのが本来の仕組みですが、一部の悪意ある訪問者が冷やかし目的で誤クリックを誘発している人達もいます。

このような人たちのことを『アドセンス狩り』と呼んでいます。

このようなことを何度もしてしまうと、被害者であるサイト運営者にペナルティを受けてしまい、広告が停止されてしまいかねません。

アドセンス狩りをする理由

  1. アドセンスの不正クリック
  2. アドセンスコードの無断転載

アフィリエイト用のタグとは違って、アドセンス広告はクリックするだけで報酬が発生する仕組みである以上、Googleでは厳しく取り締まっています。

そのため自身でわざとクリックした場合はペナルティーとして広告の掲載が停止されてしまうので、きちんと管理をしなければなりません。

不正クリック

不正クリックとはあなたのブログに掲載しているアドセンス広告にわざとクリックしようとする行為のことです。

普段ならクリック数が1ケタしか無いのにもかかわらず、ある日クリック数だけが不自然に増えているといった現象があったりしませんか?

この場合、不正にクリックされたと考えたほうが自然です。
どんなに良質な記事を書いていたとしてもバズが発生しない限り極端にクリック率が上がるといったことは考えられません。

当然広告自体に興味はなく冷やかし目的でクリックしているだけなので、広告主としては邪魔な存在です。

アドセンスコードの無断転載

あなたが運営していない第三者のブログでアドセンスコードを挿入してペナルティーを食らわせる行為も迷惑行為に当たります。

アドセンスは一部のジャンルでは掲載を禁止されており、違反した場合は広告掲載の停止をされる場合があります。

禁止されているジャンル

  • アダルト関連
  • 出会い系サイト
  • 法律に違反するようなサイト

etc…

こういったサイトにあなたのアドセンスコードを記載して広告を表示させてしまうと利用停止されてしまいます。

アイナ
アドセンスが収入源になっている人だとペナルティーで収入がゼロになってしまうと考えるだけで恐ろしいです…

アドセンス狩りを阻止する対策とは?

それではアドセンス狩りに荒らされた場合に対処方法について解説していきたいと思います。

基本的には誤クリックを事前に阻止する手立てはないと考えてください。

アドセンス狩りをするユーザーは1人や2人ではありません。
世界中に同様のことを行っている人たちが何万人も存在しているので、これら全てにアクセスを防ぐ方法な無いです。

そこで対策するべきなのは、誤クリックした後で必要になっていきます。

不正クリックはGoogleに申請する

Googleでも誤クリックに対してチェックを行っていますが、運営している人もある程度監視をしなくてはなりません。

不正クリックだと判断した場合は以下のリンクから自己申告することで、ペナルティーを事前に防げることが出来るかもしれません。
(絶対に安心とはいい切れませんのであしからず)

無効なクリックの連絡フォーム

アドセンスコードの無断転載の対処法

アドセンスコードを利用するサイトを事前に登録しておけば、第三者が勝手に他のサイトでアドセンスコードを貼りつけたとしても報酬が発生しない仕組みになっているので、あなた自身が運営しているサイトを登録してしまいましょう。

こうすることでアドセンスコードを不正に入手したとしても、不正利用することができなくなるので、対処ができます。

自身のサイトは必ず登録しておかないと、アドセンス収入が発生しませんので忘れずに登録を済ませておいてください。

 

サイトの登録方法

  1. Googleアドセンスのサイトにアクセス。
  2. 【アカウント】→【サイト】をクリック。
  3. 新しいサイトを追加する。
    (右側にある+のマークをクリックすると登録が可能)
  4. 自分のサイトのURLを入力。
  5. 確認済みのサイトをONにする。
    (スイッチを右側)

こうすることで確認されていないサイトにアドセンスコードを埋め込んでも広告が表示されなくなりますので、アドセンス禁止サイトに広告を出されても影響がなくなります。

アイナ
アドセンスで稼ぐのなら必ず知っておきたい知識なので、めんどくさがらずに覚えておきましょうね。
最近まで全く知らなかったとはとても言えない…
ケロ蔵

-パソコンライフ
-,

Copyright© アフィノート , 2020 All Rights Reserved.